葬儀や喪中とは?

葬儀のエチケット

葬儀のエチケットの写真

通夜・葬儀・告別式に出席する際のエチケット

会議に出席する際の適切な服装とは?

通夜・葬儀・告別式に参列する場合は、喪服や礼服を着用するのが一般的です。ただし、お通夜に出席する場合は、無地や黒のスーツを着用しても構いません。平服で参列する人が多いです。男性はネクタイや靴下を黒に変えてみるのもいいかもしれません。あらかじめ死を覚悟していると言われるように、喪服を着るのは避けましょう。しかし、お通夜のみの参加者が増えています。地域差はありますが、あまり関係ないようです。

葬儀や告別式に出席する際には、ブラックフォーマルな服装が必要です。子供の場合、制服があれば制服は正装です。小学生は制服がない学校が多いので、黒を着るようにしましょう。大学生はスーツで大丈夫です。フォーマルな服をお持ちの方は、フォーマルな服を着るのがベストです。

表に手紙を書く

また、お香典に関するマナーにも注意が必要です。

仏式の葬儀に参列する場合は、「香典」と書くのが一般的です。しかし、浄土真宗の新修行の場合は「御袋禅」と書かれています。また、「御内前」を「御朱印」や「御朱印」と表記する場合もあります。キリスト教の祭祀では「大花流」と書くのが一般的ですが、神道の祭祀では「お越流」と書くのが一般的です。大越龍と書いてください。カップルで連名でも、一袋の香典をまとめて使うこともできます。一般的には、故人との関係が近いほど、お金がもらえることが多いです。親の場合は5万円から10万円、親戚の場合は1万円から5万円。友人・知人・同僚の場合は5,000円~10,000円程度。札の数は、通常1、3、5のいずれかであることが望ましい。また、きれいなお札を入れるのも避けましょう。新札しかない場合は、折り目をつけて入れましょう。もちろん、お札が汚れていたり、擦れていたりするのも避けましょう。