葬儀や喪中とは?

喪主の挨拶と弔辞

喪主の挨拶と弔辞の写真

喪主に挨拶と弔辞を送りましょう。

遺族や親族と会うときは、お悔やみの言葉を添えて挨拶をしましょう。この時、同じ言葉を何度も使ったり、意味が繰り返される言葉を使わないようにするのがマナーです。また、喪主は参列者全員に対応しなければなりません。短くして、あまり言い過ぎないようにするのがベストです。焼香のマナーは地域や宗派によって異なります。右手の親指、人差し指、中指で線香を摘みます。目の高さくらいに一度上げてください。その後、3本の指で優しくこすり、香炉に入れます。葬儀屋さんが案内してくれるので、焼香にかかる時間を気にする必要はありません。

葬儀に参列するかどうかを決める。

葬儀であれば、遺族は招待しません。葬儀に参列するかどうかは、弔問を聞いた人が決めることになります。基本的には、親族が亡くなった場合は出席するのが一番ですが、血縁関係のある遠い親族の場合は出席した方が良いでしょう。参加できなくても大したことはありません。法律上の親族の定義は、6親等以内の血族、3親等以内の姻族ですが、今では近親血族となっています。もっともっと故人の葬儀は親族だけで行います。

まとめ

近親者、主に祖父母や叔父、叔母が亡くなった場合、仕事を休んで葬儀に参列することができます。多くの人がやっています。考慮される親族の範囲は家によって異なります。以前に参列した葬儀で判断するのが無難かもしれません。親族の葬儀に参列できない場合は、現金で書留の香典を送ることができます。また、代わりにお金を渡してくれる他の親族にお金を預けることもできます。または、お悔やみの手紙を入れて気持ちを伝えることもできます。